スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悩みのある人へ(その1)

【視野】
悩んでいるとき、視野が狭くなってしまう。
考えれば考えるほど、回りが見えなくなることがある。
そんなときは、カメラでいうとズームをかけっぱなしのような状態なんだと思います。

そして、その場合何を考えても堂々巡りしてしまう。
私の場合、いちどカメラをひく(視野を広げる)ようにしている。
そうするとね、客観的に自分が何で悩んでいるかがわかるんだ。
立体迷路を、高台からみるかのごとく。。。
そうすると向かうべき出口が見えてくるはずだ。

【悩みの数】
人はそれほどたくさんのことを悩めないという意見がある。
小さな悩みの途中、大きな悩みにおそわれると、小さな悩みは吹っ飛んでしまうと。
自分自身もこれは体験した。
どうしてだろうか?
それほどたくさんのことを悩めるほど、人は器用じゃないからだと思う。

そして、もう一つ。
悩みは、相対的なものと絶対的なものがあると思う

【相対的な悩み】

他人との比較による相対的な悩みについて。

コンプレックスのある人間は強い。
私は真実だと思う。
もし、コンプレックスがあるなら、逆にそれをバネにするという手もある。
実は、人が思うほど他人は気にはしていない、これは真実なのです。
コンプレックスは簡単には消えない。
けれど、大切なのは自分がしっかりしてるってこと。

また、私は昇華という言葉が好きだ。
意味は自分の嫌いな部分などをプラスに転じさせ開花させること。
それをばねにして伸ばす。
コンプレックスのある人は強くなれる。そんなチャンスを与えられたのだと思うといい。
コンプレックスのある人は、他人の痛みがわかるように自然となれるはずだ。
だから、コンプレックスの無い人より人間として成長できるはずだ。

【絶対的な悩み】
どうにもならない悩み。
逃げようもない悩み。この世に存在するし多くの人が悩まされていると思う。
これがやっかいである。

具体的には、自分や家族の病気、過去の過ち、思い出したくない過去、現実生活での苦しみ(人間関係、夫婦関係、親子関係)などがあると思う。
どう対処したらいいのだろうか。

最も難しい話のひとつではあるが、少なくとも「悩みには賞味期限」があるってことを私は言いたい。

【悩みの賞味期限】

私自身も体験してきたのだが、

「ほとんどの悩みは3年も経てば消える。
 大きな悩みでも10年経てば消える」

消える=どうってことないと思える=賞味期限が切れる。


もちろん「全て」とは言いませんが、ほとんどのものはそうなると思います。
時にゆだねることも大事だと思う。

あなたはどう思う?思い当たることありませんか?
昔を思い出して、あの時あんなに悩んでたのに今思うとなんてことないやって。
こころあたりはありませんか?

絶対的な、悩みについては、その乗り切り方などをこれから考えていきたいな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ケイン

Author:ケイン
更新は不定期ですが、よろしければご覧ください。

悩みには賞味期限があります。

悩んだ経験はきっとプラスになります。

下のカテゴリーに悩み別に分類してあります。

メール(数字の123を@に置き換えてください)
kein-kein123excite.co.jp

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。