スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人を自然に愛せる方法

<自然に人を愛せる方法>

私独自の考えです。

【人の成り立ち】
もって生まれた性格と、育ってきた境遇が人を形成する。
まず、性格。。。天から授かるものだからだれのせいでもないよね。
次に、境遇。。。大きくなるまでに楽しいこと、悲しいこと、腹立たしいこと、、いろんなことが襲いかかる。運命のようなものだから避けようがないよね。
 つまり、人を形成する性格や境遇は、与えられるものだ。

目の前に、嫌いな人がいるとして、じゃぁ、その人が、そんな風になったのは、どうしてか?って考えてみよう。
その人が、もって生まれた性格と、境遇が、その人をそんな風に形成させてしまったのだろう。
だとすれば、その人のせいではないと私は思います。

【よく考えてみましょう】
具体的に説明します。目の前に嫌いな人がいるとしよう。
よく考えて欲しい。 あなたが、もし、目の前の嫌いな人の性格(資質)をもって生まれ、目の前の嫌いな人の境遇(環境)で育った場合、あなたも、そんなふうに嫌われる人になっていたかもしれないのです。

つまり 『その人が自分で、自分がその人であったかもしれない』 ということです。

逆に、目の前の嫌いな人が、あなたの資質をもって生まれ、あなたの環境で育てば、あなたになっていたかもしれない。

一言で言うと、
「相手が自分で、自分が相手であったかもしれない」
私は、そういう考えをしています。

誰もが、与えられた資質と環境の中で、もがきながら一生懸命生きてきたのです。
そうすると、どんな人だって愛おしい。

【まとめ】
だから、目の前の人の行動や言動が悪いと感じても、その行動や言動自体は悪いことだと思っても、その人本人を、憎むべきではありません。
彼(彼女)をそんなふうにさせたもって生まれた資質や、境遇が、彼(彼女)をそうさせたのですから。
つまり、そんなに簡単に相手を憎むべきではないってことです。
もちろん、肉親がひどい目にあえば、私も許せるかわかりません。
しかし、そうでもない限り、誰もが、望んで嫌われるような人になったわけではないってことを、わかってあげたい。
スポンサーサイト

ルックス以上に美しい人

それは内面がきれいだから。
顔の作りはよくみれば普通なのに、とってもきれいで魅力のある人。
男でも女でもいる。

内面が素敵だと、生き生きとした表情になり輝いているからだろうな。
神様がくれたご褒美?
内面が綺麗だと、生き生きとした表情になり、その人の回りに輪ができるんだ。

ある統計によれば、人は初対面のときの印象の70%は、相手の表情によって決まるらしい。
そう、言葉遣いでもなく、姿勢でもなく、表情。

ね、心に思ってることって顔にでると思いませんか?
私はそう思う。 つまり、自分の内面が、人との関係をより良くする。
うわべでもなく、格好でもなく、心の中で目の前の相手のことをちゃんと見つめて人として愛せばいいだけのことだと思う。

見返りを求めるのではなく「ただ目の前の人を愛する」。
私はそういうシンプルな考えが好きです。

性格は変るか?

身の回りで、こういう性格が直ればのに!そう思う人いませんか?
もちろん私自身もそう思われることがあると思います。
ついつい、思ってしまうよね。

私の考えは
「人の性格は、まわりの者がどれだけ何百回言っても変わらない。
 変わるときは、自ら何かに気がついたときだ」
です。

では、何かに気がつくってことは、どういうときだろうか?
平穏無事の毎日から何かを感じることはないだろう。
だから逆境が一つの性格の転換点。たいてい、いいほうに変わると思う。

だから逆境ってチャンスだと思う。
そうポジティブに私は考えてる。

もう一つは人との出会い。
そこから何かを学ぶ。その場合無意識に学び、後で影響を受けたなと気がつくことも多い。

あなたは、どう思いますか?

不安の解消法

【はじめに】
不安のない人はいない。
こんな生物学的な話を知っていますか?
「不安がなければ、人類は今ここに存在しなかった。なぜなら不安こそ生き抜くために必要だから。無防備は、敵に滅ぼされるから。」

考えてみましょう。

【不安って?】
不安についてちょっと考えてみよう。
ね、どうして不安なのだろうか?
それは、ほとんどの場合、未来に悪いことがあると予想しているからだろう。
(ぼんやりとした理由なき不安も存在すると思いますが。後で書きます)

じゃぁ、不安にとらわれたときの私の対処方法を参考までに書いてみます。

【私の場合】
単純明快です。

「今、自分が最善をつくしているか?」
「イエス」
と、自問自答する
だけです。

未来は予想してもしきれないほど、複雑だ。
まず、誰にも予想できないことを理解し受け入れるべきと思う。
例えば、20年前、こんな世の中になってるなんて誰もピッタリと想像出来た人はいない、そう思いませんか?

つまり、私たちの未来10年後、20年後がどうなるかは、わからないということ。
誤解して欲しくないのは、未来がわからないから何にもしないってことではないってこと。
それと、未来に目標を定めたって意味がないってことじゃないってこと。

目標を定め、努力する、最善を尽くすことの大切さはこのページに興味をもってここまで読んでくれたあなたならわかっていただけるでしょう。
大事なのは、刻一刻と変わっていく状況のなかでなるようにしかならない未来を受け入れ臨機応変に最善の道を選ぶ姿勢だと思います。

【まとめ】
そう、わかりもしない未来だけど、最善を尽くすことだけ考えればいい。
自分さえしっかりしていれば大丈夫です。

悩みのある人へ(その1)

【視野】
悩んでいるとき、視野が狭くなってしまう。
考えれば考えるほど、回りが見えなくなることがある。
そんなときは、カメラでいうとズームをかけっぱなしのような状態なんだと思います。

そして、その場合何を考えても堂々巡りしてしまう。
私の場合、いちどカメラをひく(視野を広げる)ようにしている。
そうするとね、客観的に自分が何で悩んでいるかがわかるんだ。
立体迷路を、高台からみるかのごとく。。。
そうすると向かうべき出口が見えてくるはずだ。

【悩みの数】
人はそれほどたくさんのことを悩めないという意見がある。
小さな悩みの途中、大きな悩みにおそわれると、小さな悩みは吹っ飛んでしまうと。
自分自身もこれは体験した。
どうしてだろうか?
それほどたくさんのことを悩めるほど、人は器用じゃないからだと思う。

そして、もう一つ。
悩みは、相対的なものと絶対的なものがあると思う

【相対的な悩み】

他人との比較による相対的な悩みについて。

コンプレックスのある人間は強い。
私は真実だと思う。
もし、コンプレックスがあるなら、逆にそれをバネにするという手もある。
実は、人が思うほど他人は気にはしていない、これは真実なのです。
コンプレックスは簡単には消えない。
けれど、大切なのは自分がしっかりしてるってこと。

また、私は昇華という言葉が好きだ。
意味は自分の嫌いな部分などをプラスに転じさせ開花させること。
それをばねにして伸ばす。
コンプレックスのある人は強くなれる。そんなチャンスを与えられたのだと思うといい。
コンプレックスのある人は、他人の痛みがわかるように自然となれるはずだ。
だから、コンプレックスの無い人より人間として成長できるはずだ。

【絶対的な悩み】
どうにもならない悩み。
逃げようもない悩み。この世に存在するし多くの人が悩まされていると思う。
これがやっかいである。

具体的には、自分や家族の病気、過去の過ち、思い出したくない過去、現実生活での苦しみ(人間関係、夫婦関係、親子関係)などがあると思う。
どう対処したらいいのだろうか。

最も難しい話のひとつではあるが、少なくとも「悩みには賞味期限」があるってことを私は言いたい。

【悩みの賞味期限】

私自身も体験してきたのだが、

「ほとんどの悩みは3年も経てば消える。
 大きな悩みでも10年経てば消える」

消える=どうってことないと思える=賞味期限が切れる。


もちろん「全て」とは言いませんが、ほとんどのものはそうなると思います。
時にゆだねることも大事だと思う。

あなたはどう思う?思い当たることありませんか?
昔を思い出して、あの時あんなに悩んでたのに今思うとなんてことないやって。
こころあたりはありませんか?

絶対的な、悩みについては、その乗り切り方などをこれから考えていきたいな。

幸せって?

【幸せとは?】
幸せって感じるのは満たされていると感じるからだと私は思います。

では満たされているかどうかは自分の望んでいるとおりになっているかどうかだよね。
それには、理想とか欲がからんでくる。
これらを持つことが悪いんじゃない。理想や欲がなくては向上しないし、人として魅力もない。

大事なのはそれら理想や欲と、いま満たされているかを別々に切り離して考えるべきだってことだと私は思う。
今、十分満たされてるってこと。
それを本当に理解するのは難しいと思う。

今、たとえ不幸を背負ってても、悩みがあっても、自分を必要としてくれる人がいる。ご飯を食べるのに困らない。そんなことあたりまえのように忘れてしまいがちになる。

私がここでこうして書くのも、自分が十分満たされていることを忘れないためというのが正直なところでもあります。
頭では、わかっているけど、以外と難しいことだと思います。

何気ない日常に感謝の気持ちを忘れないようにしたいな。そう、それを意識しつづけることって大事だと思うんだ。

【感謝すること】
例えば、病気になって初めて健康の大切さに気がつくのと同じように、幸せもそうなのかも。

今、満たされていることに感謝したい。

今悩みを抱えている人は「自分のどこが幸せなの!」だろうけど、私自身は、悩みに襲われたとき、前述の理想や欲などとは別々に切り離して、今自分が満たされていることをしっかり意識し乗り越えてきた。

悩みについては、後でテーマに挙げます。

方向と信念

方向。
つまり自分が、いまどこへ向かっているかだけ気にすべきで、いまどんな状態かは気にする必要はないと思う。

方向がいいほうに向かってれば、きっといつかはよくなるはず!
そう前向きに考えるのが私は好きです。

信念。
私自身で言えば、「目の前の人を無償で愛すること」です。
あなたは、何が信念ですか?

自己管理

管理って好きな言葉じゃないけど、一言で表すとこうなるのかな。
「自己コントロール」のこと。

一時的には、きっと誰もが出来る能力を持ってると思う。
だけれど、継続することが難しい。

自分がいい方向に向かうように、自分で自分をコントロールすること。
これを継続するのが難しい。
これができなきゃ!って難しく考えるとかえって、自己管理ができないことが「悩み」になってしまうよね。

それじゃぁ、本末転倒だもんね。どうしたらいいのか?
私の場合、性格的に完璧主義の面があり、これは欠点だと思っている。
それに気づいてからは「50点主義」にした。

仕事・日常生活でも、自分のやりたいことを100とすると、そのうち半分できればよしとすることにした。
(自分の設定する100点は高いからです)

高い目標を定めるのは悪いことではない。
とても大切なことだ。
でも大事なのは、達成度よりも「方向」なんだと思います。

前向きに

心と体は一体だといいます。

医者をしている友達が言うには、一体だという。
悩みがあると胃に穴があくのがいい例だそう。
初恋のとき、胸がきゅんとなったよね、そう、やっぱり一体なんだ。

生きていくためには、まず健康が第一だよね。
だったら、悩みすぎるのは損だ。
悩むのは大事だけれど、ほどほどがいい。

そのためにも前向きにいくのがいいと思う。
明るく前向きに生きなききゃ!そう思う。
ただ、無理して明るく振る舞う必要なんてないし、それはよくない。とにかく自然体がいい。

ありのままに

自然体でありのままがいいと思う。

私も若いとき、ふと気がついた。
自分はまるで背伸びしてつま先立ちのまま歩いているようだと。
そんな状態では、長続きせず、いつか疲れ果ててしまう。

人生長いんだし、自然体でありのままでいるのがいい。
 いつも100%力をだそうなんて思ってませんか?

 アメリカのある優秀なキャリアウーマンの言葉。
「私は80%で仕事をします。最高でも95%。残りの5%は、自分が生きるか死ぬかのときにとっておきます」
 受験競争に追われる若い人たち、家事育児に追われる奥様たち、不況で厳しい企業戦士たち。みんな、背伸びしたまま歩いてないか心配です。

 かくいう私も、100%タイプ。
ただ、100%出さない方が、実はいい結果を招くことを体感した今、自然体のペースを維持するよう、自己管理しています。
(実は維持することが、一番難しいのだけれど)

はじめに

携帯用ホームページに考えを綴ってきました。


携帯用ホームページは長文に向かず読みにくいため、この度、読みやすいこちらにも内容を移そうと考えこのページを作成しました。


読んでいただいたかたの中から、1人でも何かを感じて参考になることがあれば幸いです。


なお、一つのテーマについて考えがまとまるたびにアップしていますので、日記ではなく、更新は不定期です。
また、念のため申し添えますが、私は宗教や政治思想は持ち合わせていません。
コメントはお気軽に。。。
レスは毎日PC開かないので遅れるかもしれませんので。。。

プロフィール

ケイン

Author:ケイン
更新は不定期ですが、よろしければご覧ください。

悩みには賞味期限があります。

悩んだ経験はきっとプラスになります。

下のカテゴリーに悩み別に分類してあります。

メール(数字の123を@に置き換えてください)
kein-kein123excite.co.jp

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。