スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人を自然に愛せる方法

<自然に人を愛せる方法>

私独自の考えです。

【人の成り立ち】
もって生まれた性格と、育ってきた境遇が人を形成する。
まず、性格。。。天から授かるものだからだれのせいでもないよね。
次に、境遇。。。大きくなるまでに楽しいこと、悲しいこと、腹立たしいこと、、いろんなことが襲いかかる。運命のようなものだから避けようがないよね。
 つまり、人を形成する性格や境遇は、与えられるものだ。

目の前に、嫌いな人がいるとして、じゃぁ、その人が、そんな風になったのは、どうしてか?って考えてみよう。
その人が、もって生まれた性格と、境遇が、その人をそんな風に形成させてしまったのだろう。
だとすれば、その人のせいではないと私は思います。

【よく考えてみましょう】
具体的に説明します。目の前に嫌いな人がいるとしよう。
よく考えて欲しい。 あなたが、もし、目の前の嫌いな人の性格(資質)をもって生まれ、目の前の嫌いな人の境遇(環境)で育った場合、あなたも、そんなふうに嫌われる人になっていたかもしれないのです。

つまり 『その人が自分で、自分がその人であったかもしれない』 ということです。

逆に、目の前の嫌いな人が、あなたの資質をもって生まれ、あなたの環境で育てば、あなたになっていたかもしれない。

一言で言うと、
「相手が自分で、自分が相手であったかもしれない」
私は、そういう考えをしています。

誰もが、与えられた資質と環境の中で、もがきながら一生懸命生きてきたのです。
そうすると、どんな人だって愛おしい。

【まとめ】
だから、目の前の人の行動や言動が悪いと感じても、その行動や言動自体は悪いことだと思っても、その人本人を、憎むべきではありません。
彼(彼女)をそんなふうにさせたもって生まれた資質や、境遇が、彼(彼女)をそうさせたのですから。
つまり、そんなに簡単に相手を憎むべきではないってことです。
もちろん、肉親がひどい目にあえば、私も許せるかわかりません。
しかし、そうでもない限り、誰もが、望んで嫌われるような人になったわけではないってことを、わかってあげたい。
スポンサーサイト
プロフィール

ケイン

Author:ケイン
更新は不定期ですが、よろしければご覧ください。

悩みには賞味期限があります。

悩んだ経験はきっとプラスになります。

下のカテゴリーに悩み別に分類してあります。

メール(数字の123を@に置き換えてください)
kein-kein123excite.co.jp

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。