スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何もかも手に入れたら幸せになれなるの?


学生のとき、私はある病院の当直事務のバイトをしていた。

当直の医師のなかに、大学病院で勤務し、家庭を築き、高級スポーツカーを何台も所有している先生がいた。

先生はなぜか私を気に入ってくれて、よく夜中に「○○君、いっしょに夜食でも食べないか」と私を誘ってくれた。

ある日、先生は私にポツリとこうつぶやいた。

「なぁ、○○君、俺の人生って、いったいなんだったんだろうか」

何もかも手に入れても、幸せになれないってことを知った瞬間だった。

スポンサーサイト

自分は不幸だと思う人へ


石器時代に生まれた人が液晶テレビを欲しがるだろうか
1000年生きたいが生きられないと悩む人がいるだろうか
100mを5秒で走れないと悩む人がいるだろうか

手に入れることができないもの(誰も持っていないもの)を人は望まないよね。

つまり人は、「誰かが自分にないものを持っている」と他人と比較したときに、自分は不幸だと思うのです。

しかし「あなたは、すでに持っているものがある」のです。

命、健康、住む部屋、目、手と足、家族、仕事、友達、好きな人、趣味(好きなこと)
命を奪われる危険がないこと
ご飯を食べることができること
何かをする自由があること

どうか、「ないもの」があることを悔やむのではなく、「あるもの」を意識して大切にしてください。
何もかも手に入れることが幸せではありません。
今あるものを大切にできる人が幸せなのです。

願い事をかなえる方法


例えばあなたが大阪にいて、東京に行きたいと願っているとします。
東京に行きたいと願うならいつか必ず東京に着けます。
手段はいろいろあってどれでもいい。
電車で行く人、車で行く人、歩いて行く人。
中には、富山に寄ってから東京に行く人、それも良いでしょう。
もし、大阪の繁華街をうろうろしているのなら、本当は東京に行きたくないと思っているのです。
つまり、東京に行きたいと心の奥で思えば、いつか必ず東京にたどりつける。

願い事も同じなのです。
「○○でありますように」
いつも願っていれば、いつかきっとかなう。
寄り道してもいい、立ち止まってもいい、方向さえ合っていれば。

人の運命は、自分がこうありたいと願う方向に自然と進んでいきます。

心のありかたが自然と幸せを招く

信号機が黄色から完全に赤になったのに交差点に突入する一台の車がありました。
あなたはそれをみてどう思うでしょうか。

「危ないなぁ」そう感じる人が多いでしょう。

赤信号でも無理して進む車はいつか事故にあう確率が高いと思います。
その人が事故を起こしたとき、それは運が悪かったから事故にあったのではなく、ココロに原因があったからです。

生きていると、いろいろな出来事が起きます。
安全運転をしていても事故にあうことがありますから、避けようのない不幸が襲ってくることもあります。
しかし、ココロが原因で起きるべくして起きた不幸もあるはずです。
目の前で起きる出来事が、自分のココロのありかたが現実となって出来事として現れたということです。


このことを、人とのかかわりに当てはめればこうなります。

「人を大切に思う気持ちがある人は、人とのかかわりでよいことが自然と起きる。」

気をつけなければならないのは、逆の発想はいけないということです。
いいことがおきて欲しいから人に親切にするというのは順序が間違っています。
打算なく、ただ大切に思えばいい。

自分の目の前で起きる出来事は、自分のココロの問題であることが意外と多いのです。
こころのありかたさえ正しければ、きっといつか幸せになれます。

幸せって?

【幸せとは?】
幸せって感じるのは満たされていると感じるからだと私は思います。

では満たされているかどうかは自分の望んでいるとおりになっているかどうかだよね。
それには、理想とか欲がからんでくる。
これらを持つことが悪いんじゃない。理想や欲がなくては向上しないし、人として魅力もない。

大事なのはそれら理想や欲と、いま満たされているかを別々に切り離して考えるべきだってことだと私は思う。
今、十分満たされてるってこと。
それを本当に理解するのは難しいと思う。

今、たとえ不幸を背負ってても、悩みがあっても、自分を必要としてくれる人がいる。ご飯を食べるのに困らない。そんなことあたりまえのように忘れてしまいがちになる。

私がここでこうして書くのも、自分が十分満たされていることを忘れないためというのが正直なところでもあります。
頭では、わかっているけど、以外と難しいことだと思います。

何気ない日常に感謝の気持ちを忘れないようにしたいな。そう、それを意識しつづけることって大事だと思うんだ。

【感謝すること】
例えば、病気になって初めて健康の大切さに気がつくのと同じように、幸せもそうなのかも。

今、満たされていることに感謝したい。

今悩みを抱えている人は「自分のどこが幸せなの!」だろうけど、私自身は、悩みに襲われたとき、前述の理想や欲などとは別々に切り離して、今自分が満たされていることをしっかり意識し乗り越えてきた。

悩みについては、後でテーマに挙げます。

方向と信念

方向。
つまり自分が、いまどこへ向かっているかだけ気にすべきで、いまどんな状態かは気にする必要はないと思う。

方向がいいほうに向かってれば、きっといつかはよくなるはず!
そう前向きに考えるのが私は好きです。

信念。
私自身で言えば、「目の前の人を無償で愛すること」です。
あなたは、何が信念ですか?

自己管理

管理って好きな言葉じゃないけど、一言で表すとこうなるのかな。
「自己コントロール」のこと。

一時的には、きっと誰もが出来る能力を持ってると思う。
だけれど、継続することが難しい。

自分がいい方向に向かうように、自分で自分をコントロールすること。
これを継続するのが難しい。
これができなきゃ!って難しく考えるとかえって、自己管理ができないことが「悩み」になってしまうよね。

それじゃぁ、本末転倒だもんね。どうしたらいいのか?
私の場合、性格的に完璧主義の面があり、これは欠点だと思っている。
それに気づいてからは「50点主義」にした。

仕事・日常生活でも、自分のやりたいことを100とすると、そのうち半分できればよしとすることにした。
(自分の設定する100点は高いからです)

高い目標を定めるのは悪いことではない。
とても大切なことだ。
でも大事なのは、達成度よりも「方向」なんだと思います。

前向きに

心と体は一体だといいます。

医者をしている友達が言うには、一体だという。
悩みがあると胃に穴があくのがいい例だそう。
初恋のとき、胸がきゅんとなったよね、そう、やっぱり一体なんだ。

生きていくためには、まず健康が第一だよね。
だったら、悩みすぎるのは損だ。
悩むのは大事だけれど、ほどほどがいい。

そのためにも前向きにいくのがいいと思う。
明るく前向きに生きなききゃ!そう思う。
ただ、無理して明るく振る舞う必要なんてないし、それはよくない。とにかく自然体がいい。

ありのままに

自然体でありのままがいいと思う。

私も若いとき、ふと気がついた。
自分はまるで背伸びしてつま先立ちのまま歩いているようだと。
そんな状態では、長続きせず、いつか疲れ果ててしまう。

人生長いんだし、自然体でありのままでいるのがいい。
 いつも100%力をだそうなんて思ってませんか?

 アメリカのある優秀なキャリアウーマンの言葉。
「私は80%で仕事をします。最高でも95%。残りの5%は、自分が生きるか死ぬかのときにとっておきます」
 受験競争に追われる若い人たち、家事育児に追われる奥様たち、不況で厳しい企業戦士たち。みんな、背伸びしたまま歩いてないか心配です。

 かくいう私も、100%タイプ。
ただ、100%出さない方が、実はいい結果を招くことを体感した今、自然体のペースを維持するよう、自己管理しています。
(実は維持することが、一番難しいのだけれど)

プロフィール

ケイン

Author:ケイン
更新は不定期ですが、よろしければご覧ください。

悩みには賞味期限があります。

悩んだ経験はきっとプラスになります。

下のカテゴリーに悩み別に分類してあります。

メール(数字の123を@に置き換えてください)
kein-kein123excite.co.jp

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。