スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欠点をなくしたい人へ

欠点は、なくさなくていい。

欠点は、なくすものではなく、自分の支配下に置きコントロールすべきものである。

欠点は、あなた自身を形成する一部である。

無理に欠点をなくせば、あなたがあなたでなくなるかもしれません。

ですから欠点は、欠点を認め、ただ見つめるだけでよいのです。

見つめて意識すれば、あとはどうしたらいいか見えてくる。

このページにたどり着いたあなたなら、それができる。

そして穏やかな海のような安定した心を獲得できる。

スポンサーサイト

自分の性格で苦しんでいる人へ

あなたは、どんな車に乗っていますか?


人は車を運転するドライバーに似ている
みんな乗っている車のタイプが違います

感情的になりやすい人は、すぐにクラクションが鳴ってしまう車に乗っている人

まじめな人は、ハンドルにあそびがなく絶えず緊張をしいられる車に乗っている人

いけいけドンドンの人は、アクセルが敏感でつっぱしる車に乗っている人

自分の内面を出せない人は、窓ガラスが真っ黒で中が見えない車に乗っている人

周りが見えなくなる人は、フロントガラスしか見えない車に乗っている人

自分がさっぱりわからない人は、自分が乗っている車の種類がわかっていない人

小学生のときは、自分が車に乗っているなんて意識はない。
中学生になって、自分が車に乗っていることに気が付き、戸惑う。
自分がどんな車に乗っているかわからなくて不安だ。それが思春期に自我が芽生えていく過程なのかもしれない。
大人だって、自分がどんな車に乗っているかを、正確に知らない。

人は、自分の性格に悩まされながら生きている。
もし、自分の性格(乗っている車のタイプ)がわかれば、車の運転も楽になるのではないでしょうか。だから自分を知ることが大切だと思います。
そして、自分の性格を変えようとは思わないでください。
自分の性格をただ、見つめてみましょう。
見つめていれば、自然といい方向に変っていきます。

まとめ
1 自分の性格を見つめる
2 自分の性格を無理に変えない

生きるということは、自分の性格と折り合いをつけながら性格とつきあっていくことだと私は思います。

性格は変るか?

身の回りで、こういう性格が直ればのに!そう思う人いませんか?
もちろん私自身もそう思われることがあると思います。
ついつい、思ってしまうよね。

私の考えは
「人の性格は、まわりの者がどれだけ何百回言っても変わらない。
 変わるときは、自ら何かに気がついたときだ」
です。

では、何かに気がつくってことは、どういうときだろうか?
平穏無事の毎日から何かを感じることはないだろう。
だから逆境が一つの性格の転換点。たいてい、いいほうに変わると思う。

だから逆境ってチャンスだと思う。
そうポジティブに私は考えてる。

もう一つは人との出会い。
そこから何かを学ぶ。その場合無意識に学び、後で影響を受けたなと気がつくことも多い。

あなたは、どう思いますか?

プロフィール

ケイン

Author:ケイン
更新は不定期ですが、よろしければご覧ください。

悩みには賞味期限があります。

悩んだ経験はきっとプラスになります。

下のカテゴリーに悩み別に分類してあります。

メール(数字の123を@に置き換えてください)
kein-kein123excite.co.jp

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。